Blog

Off Hours

Tele Semi Hollow の製作

ギターを作ることとそのための工具の収集が Rooftop 代表の趣味のようなものです。ここでは、週末に製作したギターをご紹介します。

長男の高校入学祝いにしようと思って作り始めたセミホロウボディのテレキャスターですが、遅れに遅れて結局、10月の誕生日プレゼントになりました。

ネックはメープル+マホガニーの5プライで剛性を高める一方、ボディは中空アルダーとメープルトップのラミネート構造として音の広がりを持たせました。ブリッジはブラス削り出しサドルを使い、全体をオイルフィニッシュで仕上げたこともあって、とてもよく鳴るギターになりました。製作期間は7か月です。

アルダー製ボディの内部です。
空洞が大きすぎると音が軽くなってしまうので、センター部分は広めに残し、裏板部分の残り厚は7mmにしました。この後、7mm厚のメープル製表板をこの上に接着しました。

塗装は True Oil というものでオイルフィニッシュしました。約1か月かけて15回、オイルの塗布と研磨を繰り返し、ほぼきれいな光沢仕上げの表面になりました。

製作過程を詳しく知りたい方はここをクリックしてください。(説明は英語です)