Blog

Tech Talk

トラスロッドについて

トラスロッドとは?

ネックのほぼ全長にわたって埋め込まれている棒状の金属製の部品で、ネックの反りを調整します。トラスロッドの片側に付いているトラスロッドナットをレンチ等で回すことでトラスロッド自体が反り、それによってネックの反りも調整できるようになっています。

トラスロッドの種類

一般的にクラッシックギターにはトラスロッドは入っていませんが、それ以外のギターやベースでは以下3種類のいずれかが使われています。

1.鉄心式 (Traditional Truss Rod)

構造
最も古くから使われているトラスロッドです。長いボルトのような形状で、少し湾曲させてネックの中に埋め込みます。トラスロッドナットを締めると、湾曲しているトラスロッドが真っ直ぐになろうし、その力によってネックの順反りを矯正します。

長所
単純な構造であるため、3種類の中では最も軽量、楽器の重量バランスを悪化させることが少なく、音に与える影響も少ないです。

短所
逆反りになったネックは調整できません。またトラスロッドナットがネックの木部を直接押す形になるので、ネック調整の効きはあまり良くありません。

2.アルミチャンネル式 (U-channel Truss Rod)

構造
U字型断面のアルミチャンネルの中に鉄心式トラスロッドを組み込んだものです。

長所
トラスロッドナットが(ネックの木部ではなく)、アルミチャンネルの端部を押すので、トラスロッドとしての効きは良いです。また、アルミチャンネルがネック全体を補強してくれる効果もあります。

短所
逆反りになったネックは調整できません。また、アルミチャンネルの分だけ重くなり、楽器の重量バランスはやや悪くなります。アルミチャンネルの影響で、鉄心式と比べるとやや暗く鈍い感じの音になります。

3.ダブルアクション式 (2-way Truss Rod)

構造
歴史的には最も新しい2本の鉄棒から成るトラスロッドです。2本の鉄棒の片側は溶接で固定されており、反対側にあるトラスロッドナットでお互いの鉄棒を押したり引いたりして、トラスロッド全体が順反りになったり、逆反りになったりします。

長所
順反り、逆反りの両方向にネックを調整できるのが最大の特徴です。このトラスロッドが登場する以前は、逆反りになったネックはフレットを抜いて指板を削り直すか、ネックを交換してしまうしかありませんでした。
また、2本の鉄棒自体が順反りになったり、逆反りになったりするので、ネックに無理な力がかかることもなく、トラスロッドの効きも確実です。また、素材が鉄なので鉄心式に近い自然な音色でもあります。

短所
鉄棒が2本になるので鉄心式より重くなります。

Rooftop Model 1, Model 2 では、ネックの順反り、逆反りの両方が確実に調整できることを重視して、ダブルアクション式のトラスロッドを採用しています。

トラスロッドの調整方法は、取扱説明書の「ネックの反り調整」を参照してください。