Blog

Tech Talk

塗装について

塗装の目的

木製の楽器を塗装する場合、木材を保護すること、着色したり光沢を出して外観を良くすることと合わせて「音をまとめる」のも重要な目的です。
全く塗装をしていないボディとネックを使ってギターを組み立てた場合、よく鳴る感じはあるものの、「発散しすぎてまとまりのない音」になります。塗装をすることによって、ボディとネックの振動が適度に抑えられ、「使える音」になります。

塗装の厚さと音

では「ギターの塗装をはがすと音が良くなった」という場合は何が起きているのでしょう?
表面の塗膜が削られることでボディやネックが振動しやすくなった一方、下塗り塗料がまだ木材の内部に残っているので、それがある程度の振動は抑えているものと考えられます。
塗料の種類にかかわらず、厚すぎる塗装は楽器本来の自然な鳴りを損なってしまいます。塗装は通常、下塗り~中塗り~着色~上塗り という工程になりますが、適切な塗膜の厚さは合計でも 400~500ミクロン (0.4~0.5mm) 程度です。鏡面仕上げできれいに見えても、塗料が厚く乗ったギターはあまりおすすめできません。ラッカー塗装の音が良いとされるのは、ラッカーが硬めで厚塗りされない塗料だからと考えられます。

塗色と音

塗装の種類によって塗膜の厚さは違ってきます。一般的には以下の順で塗膜は厚くなります。

シースルーカラー : 木目が透けて見える塗装(ナチュラル、サンバーストなど)
ソリッドカラー : 木目が見えない塗装(メタリックではないブラック、ホワイトなど)
メタリックカラー : 細かい金属粉を含む塗装(シルバー、メタリックレッドなど)
フレイク塗装 : 塗膜の中にラメ(箔)を含んだ塗装

音の面からおすすめできるのは、やはりシースルーカラーのギターです。
塗膜の厚さ自体は、ソリッドカラーもシースルーカラーと大差ないのですが、外から木材が見えないソリッドカラーでは、少しグレードの低い木材が使われていたり、木材の貼り合わせ枚数が増やされていることが多いためです。
メタリックカラーは、シースルーカラーやソリッドカラーより塗膜がやや厚めで塗膜中に金属粉を多く含むこともあって、やや暗い音色になる傾向があります。
フレイク塗装ではさらに塗膜が厚くなるので「鳴らない」印象がさらに強くなります。