Blog

Off Hours

Champ アンプの製作

ギターを作ることとそのための工具の収集が Rooftop 代表の趣味のようなものです。ただ、ギターばかり作ってると気分転換がしたい時もあって、アンプも作ってみました。

キャビネットはホワイトアッシュ、バッフル板はネックの端材のメープル+マホガニーのラミネート板、仕上げはオイルフィニッシュです。

回路は Fender Champ をコピーしています。
電気は強くないので、林正樹さんのサイトを参考にさせていただきました。(とてもおもしろいサイトです)

昔は京都の寺町へ行って部品を買い集めたものですが、今ではロシア製の真空管、日本製のトランス、電子部品など、すべて秋葉原からインターネットで手に入るようになりました。便利になりました。

スピーカーはイタリア Jensen製のアルニコマグネットの8インチを使いました。
セラミックマグネットのものを使った方が、音が締まった感じになって良かったかもしれません。

余談ですが・・最初はキャビネットをパイン材で作りました。(オリジナルのFender Champ がそうだったらしいので)
でも音の輪郭がぼやけた甘い感じの音だったので、ホワイトアッシュでキャビネットを作り直したところ、かなり芯のある音になりました。
やはりギターアンプは電気製品というより楽器だな~と改めて感じた次第です。

製作過程を詳しく知りたい方はここをクリックしてください。(説明は英語です)